ピアノで弾くドラゴンクエストの世界

ファーストクラッシュ 解約方法

令和元年8月2日、いよいよ映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」の上映がスタートしました。

モチーフとなっているのはドラゴンクエスト5。

実際のゲームでは数十時間かかるストーリーを2時間ちょっとで収めるわけですから、賛否両論ではありますが・・・。
もう既に見て来たよ??という方も少なくないのではないかと思います。

さて。

僕自身もドラゴンクエストはドンピシャの世界で、特にドラゴンクエスト3~5は学校でも常に話題となり、その話題がないと友だちとの会話にもついていけないほどでした。

特にドラゴンクエスト5は、過酷な幼少期からストーリーが始まり、ゲーム上で人生観を体験できるという意味ではとても斬新な内容でもありました。

これから映画を見る人も多いと思うので、ネタバレは避けたいと思いますが・・・。

ドラゴンクエストと言えば、堀井雄二さんのゲームプロデュースと合わせて鳥山明さんのキャラクターデザイン、それからすぎやまこういち先生のドラクエの世界観にピッタリな音楽がまた、ゲームへの熱中度を高めていたのは言うまでもありません。

その頃同時に流行していたのが「ファイナルファンタジー」でしたが、同じく音楽の効果がより感情を刺激する作品ではありましたが、ドラクエ音楽の素晴らしい所としてはやはり、それぞれのナンバリングタイトルにおける楽曲が一つの小さな交響曲として成り立っているところだと感じています。

さて。
そんなドラクエ音楽ですが、もちろんフルオーケストラの大迫力なサウンドは圧巻です。

ですが、ピアノバージョンで聞くドラクエBGMがまた、良いんです。

でもなかなかサントラとして流通はされておらず・・・

最近youtube等で、ピアノ演奏している動画を頻繁に見ておりましたが、「一人オーケストラ」と言われるピアノで元々のオーケストラサウンドを何処まで再現できるかにチャレンジしてみました。

といっても、これがまたすぎやま先生のコード感がとても複雑で、耳でコピーするのはかなりハードルが高く、オフィシャルスコアのベスト盤を軸に練習を開始。

本当は映画に合わせてドラクエ5から始めるのが良いのでは?と思うところもありましたが、やっぱり一番思い入れが強かったのはドラクエ3だったので、まずはこの楽曲から手をつけることにしました。

1 そして伝説へ
2 大空を飛ぶ
3 ピラミッド

2、3はそれほど難易度は高くなくて、少し低音での迫力が欲しい所でオクターブに変更したりといったアレンジは必要でしたがその他はほぼ譜面通りに弾いてみました。
ですが、「そして伝説へ」は、やっぱり壮大さが感じられる派手さが欲しい。
という事で、イントロのフレーズは無駄にアルペジオを駆使したり、和音の音数を増やしたりと多数アレンジを加え、もう一息のところまでようやくたどり着いたところでした。

実際のゲームBGMや、youtubeで演奏している方を参考にさせていただいたりもしていますが、1人、この人の弾くドラクエはすごいな・・・と思う方を発見しまして。

その方が女性のピアニストの方なんですが、ドラクエ愛が全面的に表出されているダイナミックさがありました。
僕もその方のように弾けたら、いずれyoutubeへアップしてみたいと思います。

目指せ、ドラクエの世界!!

お墓参り

子供が帰省するたび、自分の実家と夫の実家両方のお墓参りをします。この時期は、お花が少し高めになります。 最近行き始めたスーパーのお花が安いときに買いました。 誰も買う人はいませんでした。 2件分なので違います。 田舎であり、お盆なのでみな生花を入れます。今は、高齢になったりすると、あまり行けなくなるので、造花を入れる方もいますが、みな自分の家でできた菊や近くのお花屋さんで買って生花を入れます。 子供が小さい頃から、お墓参りをしているので、帰省するたびに帰ってきた時と帰る日の二回お墓参りします。今の時期はあまり生花は日持ちしませんが、お墓参りをして、いやな気持になることはありません。 私の実家の方は、私たちしか、お墓参りをたびたびしませんが、将来私が亡くなったら、どうなるのかわかりません。 納骨堂に移すらしいですが、永年供養とかになれば、ますます、お墓参りに来て、頭を下げることはしないと思います。 賛否両論あるとは思いますが、自分たちが今あるのは祖先がいるからです。 そういう気持ちでお盆などに帰省した時にお墓参りをし、線香をともす人がいなくなったら少し寂しい気がします。 親がお墓参りをしつけない人は、高齢になって、家族が亡くなったときにはじめてお墓とかを立てるということになります。 その時に毎年子供たちが帰省したときとかにおばあちゃんとかに連れられてお墓参りをしたことが今の自分のお墓参りにつながっています。 しかし、男性はなかなかそういう気持ちを妻に話せない人が多く、自分の実家のお墓とかはだんだん誰も行かなくなることが多くなっています。 それに比べて、よそに嫁いでも、田舎でお墓参りをした経験のある人は帰省した時にお花を買ってお墓参りをします。 田舎になればなるほどお年寄りは毎日でも行ける間はお墓参りをします。そういう姿を見てきた人はお年寄りになればお墓参りをするようになります。 二つのお墓参りをしてきて、必ずいろいろな方が、お墓参りをしています。 挨拶をしたり、たまには、親切にしてくださる方もいたり、長く過ごした実家のところにあるお墓参りなので、今できる間はしようと思います。 夫の実家は、夫の妹家族が月1から2回してくれています。 そのお花を見るたびに、ありがたいなあと思います。なかなか会うことはありませんが、お墓参りをしていることを知ると相手が元気で頑張っていることがわかります。いろいろな意味でお墓参りは私や家族のつながりになっています。

確定申告のたびに本当に面倒だなという気持ちが芽生えてくる

確定申告というものが毎年ありますけど、自由業として働いている私はこれを毎年行わないといけないのです。 確定申告というのは当然必要なものではあるものの、世の中の全員がやっているわけではありません。 むしろやっていない人の方が多いのではないか?とも思えてきます。 少なくともサラリーマンをしている人は、確定申告の必要性がその分低くなるので、そういった意味では非常に羨ましいなと思う面もあるのです。 確定申告というのはやってみた人は分かると思いますけど、本当に面倒なのです。 だから、毎年そういった時期を迎えるたびにサラリーマンが羨ましくなってくるのです。 確定申告というのは、確定申告にかかわる書類を作らないといけないという手間の部分に加えて、さらにその書類を税務署に持って行かないといけないという手間があります。 また、その後実際に税金を支払わないといけないという手間もあるので、予想以上に大変です。 この場合の税金というのは所得税に加えて住民税もあるので、そういったものを支払わないといけないというのは、本当に面倒に感じます。 確定申告を毎年やっているとさすがに慣れてくるということは言えるものの、それでも毎年確定申告の時期が来ると憂鬱です。 確定申告の時期というのは冬ですから、どうしても外出するのが億劫になりやすく、そういったところも面倒な気持ちを増幅させている気がします。 自由業というのは仕事をしているときにはマイペースで、自由気ままに行えるからいいものの、良いことばかりではないということも言えて、確定申告の時期になると自由業のデメリットのような部分に気付くということがあります。 そして、私はWEBメディアの事業をしており、経費となるようなものがほとんどありません。 経費にできるようなものが多くあれば、その分支払う税金が減ってメリットもあると言えるかもしれないですけど、そういったメリットがほぼないのです。 経費として使っている金額はせいぜい年間で数万円程度であり、結果的に支払う税金の減少分はほぼありません。 それにサラリーマンよりも不安定な収入になりがちなので、そういう意味でも、確定申告の時期になるとデメリットが多い働き方なのかな?と思えてきます。 ただ、自分にはサラリーマンは絶対に耐えられないと思うのです。 朝早く起きるとか、満員電車に乗るとかは厳しいと思っているので、自分にはそういう生活が合っていないのならば、しょうがないと思うしかないと思っています。

プレイステーション2のゲームを大人になっても楽しんでいる

大人になってもゲームをする機会はあるものですが、私の場合には最新のゲームをやっているわけではありません。 私は子供の頃に家にあったゲームをまたやるということが多く、子供の頃に遊んでいた記憶がそのまま蘇ってくるような状況です。 特にプレイステーション2のゲームをやることが多く、当時中学生くらいのときに私はプレイステーション2のゲームをよく買っていたのを思い出します。 今はプレイステーションに関しては最新のハードが売られていますけど、あえてそういったものを買う気はしないのです。 昔のゲームの中にも面白いものがたくさんあるはずだと思っていますから、最新のゲームじゃないと楽しめないということはないと思います。 したがって、当時自分が実際に遊んでいたプレイステーション2のゲームをやり、たまにプレイステーション2のゲームソフトを中古で買ったりしてしているという状況です。 今の最新のゲームと比べるとグラフィックなどの部分はどうしても劣るということが言えますけど、そこはあまり気にならないです。 グラフィックが綺麗じゃないゲームにも魅力があると思っていて、私はそういった部分が好きなので、昔のゲームでも十分に楽しめるのです。 世の中にはさらに古いゲームが好きな人もいますし、例えばファミリーコンピュータやスーパーファミコンの時代のゲームが好きという人もいます。 そういう時代のゲームを今でもプレイしている人がいるので、古いゲームには古いゲームの魅力があるということなのでしょう。 レトロゲームと言われるようなジャンルがありますから、そういうゲームも面白い部分を今でも感じられるということなのです。 私の場合には世代的にファミリーコンピューターやスーパーファミコンよりはプレイステーションやプレイステーション2の方が長く遊んでいたので、そっちの方が思い出深いと言えます。 やっぱり自分実際に長く遊んでいた時代のゲームというのは、大人になってからやっても面白く感じやすいのかな?と思います。 コントローラーを握ったときの感じが、すごい馴染みのある感じがして、昔の子供だったときのことをよく思い出します。 恐らく今後もゲームは続けていくと思いますけど、新しいハードを買うことはないでしょう。 したがって、プレイステーション2でもできるゲームソフトを買うことはありますけど、家にあるソフトと新しく買うソフトというその範囲内で楽しんでいきたいと思っています。

ゲームセンターのゲームは進化している

ゲームセンターにたまに行くことがありますが、ゲームセンターというのは昔と比べて大分変わったなという印象です。 ゲームセンター自体は昔から多くの人が訪れており、人気の面があったと言えますけど、時代が進むとともに、アーケードゲームも進化しているのです。 ゲームセンターに置いてあるゲーム自体は昔と同じようなものも結構残っていますし、新しさを感じさせるものも結構あります。 ただ、最も昔と変わったなと感じるのは、そのシステムであり、全国のプレイヤーと対戦ができるアーケードゲームが多いのです。 店内で他人と対戦できるようなものもありますが、オンラインで全国のプレイヤーと戦うことができるものもあるというのが、昔との大きな違いです。 つまり、自分がいる店舗とは別の店舗からゲームをやっているプレイヤーと対戦ができるということで、これを知ったときにはかなり画期的だなと思ったのです。 会ったこともない、顔も知らないプレイヤーと対戦をすることが日常的になり、こういったシステムになっているアーケードゲームというのは今やゲームセンターの常識とも言えます。 いろいろなアーケードゲームでこういったシステムが取り入れられているのです。 店舗内で見知らぬ人と対戦をするということも面白いですし、友達同士で対戦をするということもできるので、それも魅力と言えば魅力になるとは思います。 しかし、全国に同じアーケードゲームをやっている人がたくさんいて、そういった人たちとも対戦できるというのはより大きな魅力に感じられます。 インターネットが普及して以降、ゲームにもそういった部分が取り入れられていますが、オンラインでの対戦というのは最初はかなり不思議な感覚でした。 パソコンとか、スマートフォンを使ってのゲームならば違和感はなかったと思いますけど、ゲームセンターの筐体を使ってのゲームだと、不思議な部分を感じたのです。 そこにオンラインの要素が加わるというのは結構違和感があり、最初は面白さとともに変な感じもしていました。 でも、やっぱり面白さが勝ってきて、結局は気にならなくはなりましたが。 家でやるゲームというのも面白いですけど、ゲームセンターに行って、周りがゲーマーだらけの中でゲームをやるというのも、雰囲気としては良いなと思いました。 ゲームセンターというのは常に魅力的な場所でありますけど、進化をし続けている場所なんだなというのがよく分かってきたと思います。

釣り初心者でも簡単! 「サビキ釣り」

釣りって少しハードルが高い趣味ですよね。 本格的にやっている身近な人がいないとなかなか始められない! というのが実情ではないでしょうか。 実は僕もずっとそうだったのですが、つい最近、釣りを簡単に始められたのです! 何を始めたのかといいますと、その名も「サビキ釣り」。どんな釣りか簡単に説明しちゃいますね。 サビキ釣りでは、特殊なしかけを使います。釣り糸に疑似餌がついた針がいくつもついていて、一番先っぽにはアマエビを詰め込んだ籠をセットします。 堤防から海にぽちゃんと投げ入れると、籠からアマエビが広がって、小さなアジやサバがどんどん集まってきます。集まってきた魚たちが疑似餌を食べようとすると針にひっかかってしまう、そんな仕掛けです。 足元で撒き餌をしながら釣り上げるみたいなものなので、魚が居さえすればもう入れ食い状態。サビキ釣り初体験のときなんて、恐る恐る一投目をしたとたんにアジが釣れてしまって拍子抜けしたくらいです。初日は1時間半くらいで20匹ほど釣りましたね。 魚を集めるちょっとしたコツは必要ですが、ほとんど技術もいらなくて、小さな子供たちでも簡単に釣っていました。 道具はというと、竿・リール・しかけ・餌あわせて3000円くらいで揃えちゃいました。大きな魚を釣るわけではなく、手のひらの半分くらいのサイズなので良い竿なんて必要ないんです。 見た目が気持ち悪くて臭いアマエビも、シャンプーの詰め替え用みたいなパッケージに入ったものを買えば、手を汚さずに仕掛けにセットすることができます。 上級者になれば、釣った子アジを餌にして、より大物を狙ったりするみたいです。同じ場所で初心者と上級者が一緒に楽しめるというのも、サビキ釣りの良いところだと思います。 釣った魚は、もちろん持ち帰って美味しくいただきます。 ウロコを取って、頭を落として、お腹を開いて内臓を取り出します。 醤油、みりん、ショウガ、にんにくを入れたタレに30分ほど漬けておき、片栗粉をまぶして一気に揚げます。すると、子アジの竜田揚げが完成! マヨネーズをつけて食べれば、ビールもハイボールもぐいぐい進むこと間違いなし! 午後から行っても十分に釣れるので、最近の休日は、 昼過ぎまで寝る→起きて準備→15時くらいに堤防へ→17時過ぎに帰宅、調理開始→19時から晩酌 というような、なんとも充実した(?)時間を過ごしています。 海の近くにお住まいの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

CDが売れないというのはちゃんと理由があることが分かった

今の時代は音楽CDというものが本当に売れなくなっていると実感します。 CDのセールスを見ると、それを実感することが容易ですけど、以前は100万枚以上売れるシングルやアルバムが多くありましたけど、今はそういった作品はかなり稀です。 しかし、やっぱり音楽CDが売れないというのは原因があり、その原因に関して自分としてもかなり大きいものであるという実感があります。 音楽CDが売れない原因としては、音楽を聴くためにCDを買わないでも済むという状況があるのが大きいと言えます。 そして、私は以前は音楽CDを買っていたのですが、今は曲単体で買うようになったのです。 好きな曲を聴くためには音楽CDを買わないといけない時代から、特定の曲だけを単品で買えるようになったため、あえて相対的に値段が高い音楽CDを買う理由がなくなってしまいました。 曲をデータで販売しているサイトがインターネット上にありますけど、そういったところで買うと、明らかに音楽CDよりも安いのです。 音楽CDを買うと、シングルでも1000円くらいしますが、曲を単品で買うと200~300円くらいで買うことができます。 したがって、値段のことを考えると音楽CDが割高に感じてしまうわけです。 こういったものが存在しなかった時代は音楽CDが当たり前の存在なので、CDの値段が高いとは思わなかった人が多かったと思います。 それより安い存在がなかったわけですから、音楽CDを買うこと自体特に違和感はなかったのでしょう。 しかし、現代ではいろいろな手段で音楽を聴くことができ、私のようにより安い手段で曲を単品で購入するようなことをする人は間違いなく増えたと思います。 それにスマートフォンやパソコンが普及し、そういったものを使っての娯楽も生まれたため、音楽に興味を持つ人は相対的に減ったということも言えると思います。 だから、他にも原因はあるということは間違いなく言えると思います。 ただ、音楽好きな人に関しても音楽CDを買わない事情が生まれたというのは、特に大きな原因になるのではないか?と思います。 CDは音楽を聴くために必須のものではなくなってしまったため、今後これがまた売れるような時代になるとは思えません。 私自身も音楽CDを今後買う機会というのはかなり限られてくると思いますし、私の実体験から、音楽CDが売れない時代であるということを改めて自分でも認識できるような状況だと言えるのです。

エアコンに頼らないで

子供の頃私の家にはエアコンがありませんでした。40年前、裕福とは言えない家庭で育ち真夏でも扇風機と内輪で乗り切ってきました。学校にもエアコンはなかったですからエアコンがなくてもなんとかなりましたが、エアコン生活に慣れている娘はエアコンがないと夏を越せません。 人間というのは楽な生活に慣れるとダメになってしまうんですね・・・。本当はエアコンがなくても人間は夏を乗り越えられるんだけど、エアコンが当たり前の生活をしてしまうと扇風機と内輪の生活など地獄だと思ってしまう。 私が子供の頃はエアコンがある家庭の方が少なかったわけで、扇風機と内輪での生活は何も特別なことじゃなかった。40年前の日本の夏も暑かったけど今のように熱中症に注意というニュースや集団で熱中症で入院というニュースは聞かなかったです。 現代人は体が弱いのでしょうか・・・。体が弱くなっていないとしたら暑さ対策や体温調整の仕方が分からないのでしょうか・・・。昔の方がモノが少なく不便な生活でしたが昔の人の方が元気で丈夫だったように感じます。 私はひとりで居るときは滅多にエアコンを使いません。それこそ扇風機を使えばなんとかなるしそれでも暑いときは水のシャワーをサッと浴びる。体の表面が汗や埃でべたついているとそれだけで暑く感じるからサッと水を浴びるだけでその後しばらく涼しくなります。 娘は幼稚園小学校中学校高校と各クラスにエアコンが設置してあり過ごしやすい快適な環境で勉強してきたため、家にいてもエアコンを遠慮なく使います。設定温度を高くして体に負担がないようにすると暑いと文句を言われる始末。エアコンを使えるだけでも恵まれているのに本当に気持ちが良い室温にならないと満足できないのは問題だと思っています。 エアコン生活が当たり前だと思っているから車の中でも暑ければすぐエアコンを使います。そんなことばかりしているから暑さに弱く夏は毎日暑い暑いと文句を言うようになるのです。タイムスリップして40年前に行ったら娘は毎日睡眠不足で食欲もなくなりダウンするでしょう。 人間は環境に慣れることが出来ます。厳しい環境だって覚悟さえ出来れば次第に体が適応していきます。人間は本来そういう能力がある生き物ですし強いはずなんです。 これから地球は温暖化でもっともっと気温が上がるかもしれませんが、過ごしやすい日は出来るだけエアコンを使わないで自分を鍛えてもらいたいものです。

子供を妊娠・出産してわかったこと、変わったこと

私は二度の流産を経験し、2016年待望の冬に待望の第一子を授かりました。流産の原因は定かではありませんが、二度目の流産の後に産婦人科で検査を受けた結果、卵子が一般より少ないことが判明しました。 三回目の妊娠をしたときは「また流産するのではないか」「ちゃんと子供が育たないのではないか」という不安でいっぱいで、できる限り妊娠を意識せずに生活しました。もちろんカフェインやお酒は避けましたが、ムリをせずに普段通り生活しました。 妊娠が判明して数週間後に意を決して産婦人科にいき、初回の検査をうけました。医師から「ちゃんと大きくなっているね」と言われた時は安堵で自然と涙が出て、心から幸せな気持ちになりました。 私は当時正社員で勤務していたので残業も多々ありました。妊娠して2か月頃に一部の上司と同僚に報告し、重労働になるような仕事を省いてもらうよう配慮してもらいました。 妊娠して一番つらかったのは産休直前の妊娠7ヶ月~8ヶ月の頃です。仕事が多忙で残業も多々あり、お腹がつっぱると感じたことがよくありました。また最寄り駅から自宅まで15分ほど歩くのはかなりしんどく、また夏場だったので蒸し暑くて毎日息苦しかったのを強く覚えています。 妊娠中に特にうれしかったのは周りの方の配慮でした。同僚たちは私が過去に流産したことを知っていたので胎児の成長をとても喜んでくれました。またお腹が目立ってくると、電車やバスで見知らぬ人・特に若い方に席を譲っていただくことがたまにあり、ありがたく心温まる瞬間でした。 出産後、当然ですが生活スタイルはガラリと変わりました。産後1ヶ月は安静が必要なため、昼夜問わず子供とつかず離れずの生活です。外出が好きだった私にとって、日中まったく外出できないことは大変ストレスでした。当時は慣れない育児と不調で自宅にいるのが苦痛でたまりませんでした。 もう1つ変わったことは、体形とメンタルです。以前はウエストが細く誇りに思っていましたが、産後はたるんで肉がつくようになりました。メンタルはもともと弱くて悩みでしたが、子供の成長とともに自分のメンタルが強くなっていくように感じました。強いというより、大雑把のほうが正しいかもしれません。 以前は炊事を一生懸命作り、主人に栄養満点でボリュームたっぷりの食事をよく作っていました。しかし小さな子供の世話が優先ですので、食事づくりに余裕がなくなってきます。以前は総菜や弁当屋の弁当に抵抗がありましたが、今は肉屋で唐揚げなどの総菜を買ったり、弁当を買ったりして夕飯をすませることがたまにあります。 家族が増えて苦労しない親はいないと思いますが、子供の成長、笑顔をみる喜びを知ることができました。家族全員の笑顔が増え、人生が豊かになったことが一番変わったことだと実感します。

夏の寝苦しさを解消するためにやっていること。

年々暑くなる日本の夏は、気温が下がると言われる夜でも30度近くになる日もあります。 そんな時期につらいのが、寝苦しさです。 私の部屋にはエアコンがなく、部屋のドアを閉めると風通しも悪くなってしまい、朝起きると汗だくになる日が多くありました。 「このままでは熱中症になってしまう!」 そう思って試行錯誤した結果、3つの方法でかなり寝苦しさが改善したので、その方法を共有したいと思います。 まず寝苦しさをなくすためになにより必要なものは、扇風機です。 エアコンより冷却効果は低いですが、扇風機の風に当たりすぎて低体温になってしまったという話もあり、なかなか侮れません。 風量は「弱」。 首振り機能をオンにして、自分の身体に風が少しだけ当たるように設置しましょう。 風を少しだけ身体に当てる、というのがポイントです。 風にしっかり当たり続けると翌朝怠くなってしまいますのでご注意ください。 扇風機だけで暑い場合は、枕にアイスノンなどの冷却まくらを頭の下に置いて寝るととても涼しくなるのでおすすめです。 実際、冷却まくらを使う前は暑さから夜中に何度も起きていたのですが、使い始めてからは朝までぐっすり眠れるようになりました。 冷却まくらはそのままだと冷たすぎるので、フェイスタオルをぐるぐると巻いて、ほんのり冷たいくらいに調節してください。 だいたい6〜7時間は快適に寝られると思います。 途中で目が覚めてしまっても、タオルを取って使えば引き続き冷たいまくらを使うことができますよ。 冷却まくらにはカチカチに凍るタイプと柔らかいジェルタイプがありますが、個人的にはジェルタイプの方が寝心地がいいと感じます。 扇風機と冷却まくらを使っても暑くてたまらない場合は、水を入れた大きなペットボトルを凍らせて、扇風機の前に置きましょう。 2リットルが2本以上あると理想的ですが、500mlを何本も用意するだけでも違います。 氷には、溶ける際に周りの温度を下げて湿気も吸収する効果があるといわれていて、扇風機の前に置くことで冷気が自分の身体や部屋全体に流れてくる、というわけです。 注意点として、凍らせたペットボトルが溶けるときには大量の結露が出ます。 受け皿を用意して、その上にペットボトルを置きましょう。 そして、翌朝寝ぼけて受け皿をひっくり返さないようにご注意ください。 以上3つのことを行うようになって、私の夏の睡眠不足は解消されました。 エアコンがつけられない部屋で寝ていて暑くて困っている人は、ぜひ一度試してみてください。