CDが売れないというのはちゃんと理由があることが分かった

今の時代は音楽CDというものが本当に売れなくなっていると実感します。 CDのセールスを見ると、それを実感することが容易ですけど、以前は100万枚以上売れるシングルやアルバムが多くありましたけど、今はそういった作品はかなり稀です。 しかし、やっぱり音楽CDが売れないというのは原因があり、その原因に関して自分としてもかなり大きいものであるという実感があります。 音楽CDが売れない原因としては、音楽を聴くためにCDを買わないでも済むという状況があるのが大きいと言えます。 そして、私は以前は音楽CDを買っていたのですが、今は曲単体で買うようになったのです。 好きな曲を聴くためには音楽CDを買わないといけない時代から、特定の曲だけを単品で買えるようになったため、あえて相対的に値段が高い音楽CDを買う理由がなくなってしまいました。 曲をデータで販売しているサイトがインターネット上にありますけど、そういったところで買うと、明らかに音楽CDよりも安いのです。 音楽CDを買うと、シングルでも1000円くらいしますが、曲を単品で買うと200~300円くらいで買うことができます。 したがって、値段のことを考えると音楽CDが割高に感じてしまうわけです。 こういったものが存在しなかった時代は音楽CDが当たり前の存在なので、CDの値段が高いとは思わなかった人が多かったと思います。 それより安い存在がなかったわけですから、音楽CDを買うこと自体特に違和感はなかったのでしょう。 しかし、現代ではいろいろな手段で音楽を聴くことができ、私のようにより安い手段で曲を単品で購入するようなことをする人は間違いなく増えたと思います。 それにスマートフォンやパソコンが普及し、そういったものを使っての娯楽も生まれたため、音楽に興味を持つ人は相対的に減ったということも言えると思います。 だから、他にも原因はあるということは間違いなく言えると思います。 ただ、音楽好きな人に関しても音楽CDを買わない事情が生まれたというのは、特に大きな原因になるのではないか?と思います。 CDは音楽を聴くために必須のものではなくなってしまったため、今後これがまた売れるような時代になるとは思えません。 私自身も音楽CDを今後買う機会というのはかなり限られてくると思いますし、私の実体験から、音楽CDが売れない時代であるということを改めて自分でも認識できるような状況だと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です